2013年06月09日

VirtualBoxでいろんなOS

SSDが速くて楽しいので、VirtualBoxでいろんなOSを触ってみました。
今までは遅くて触る段階で嫌になってたんですよね。

※ ほんとにさわりだけしかやってません

Ubuntu
 どうすればいいのかさっぱりわかりません。
 
 「あれ?エクスプローラー的なもの無いの?」
 ファイルとフォルダの一覧を把握したいんですが、分かりません。
 メモ帳らしきものを起動して保存するときにそれっぽいのが出て来ましたが、
 それは違うのは分かります。
 
 「え、じゃあタスク一覧はどこ?」
 ショートカットと稼働中のプロセスの違いがわからないんです。
 当然Windowsのショートカットキーは使えませんので、
 タスクマネージャなんか出せません。(あるの?)
 
 「わかったもういいシェルでやる」
 シェルモードの起動のさせ方が分かりません(笑)
 Windowsならコマンドプロンプト。Win+R CMD Enterなんですが。
 
 「!………確かマクロが使えたはず!」
 Calc起動してShell "explorer"で強制終了。
 いやお前…そりゃこっちが間違えた(Explorerなんてあるわけない)のは
 わかるけど、文書巻き込んで死ぬなよおい…
 
 ここら辺で諦めました。あと自分の考え方ってもしかして
 DOS時代から変わってないのかとか思って軽く落ち込みました。

Windows8(評価版)
 普通に動いて、ある意味驚きました。
 まあ評価版だし、仮想弾いても意味ないですかね。
 
 ネガティブな意見が多いWin8ですが、
 私の印象は7と大して変わらないなって感じです。
 Windowsが新しくなる度面倒になるのはいつものことですしね。
 
 ま、7自体をほぼ使わない私なので参考にならないでしょうけど。

Android_x86
 これが一番楽しかった。
 「おおー!ほんとにスマホだー!」とか感動してました。
 ちゃんとネットにも繋がるし、なかなか面白そうですよこれ。
 こういうの欲しかったんですよねー。

LinuxMint
 しばらく触ってて初めて気づいたんですが、
 これインストールの最初にOS立ち上がるんですね。
 (WindowsPE上でXPインストールみたいなノリ?)
 
 その発想は無かったので、DVD(iso)上のOSに対して
 なんか重いなーとか思ってごめんなさい。
 
 で、たぶんLinux使うならこれでしょうね。だって使いやすいもの。
 軽いし、スタートメニューやQuickLunchがあるし、デスクトップも普通っぽい。
 
 あとほとんどの人が評価しない点でしょうが、
 右下の時計を「秒表示が選択可能」にしてることが凄く高評価。
 フリーズ具合が分かって便利なんですよ。
 
 (どうしてこういう方向に進化できなかったのかなあ…)

とりあえず、アプリは基本Android向きとXP向きに作って、自分OSはXP、
市場からXPを起動できるハードが無くなってしまったらLinuxに移行。
XPしか動かないのはLinuxでVirtualBox、…うん、いけそうです。


上記で、「市場からXPを起動できるハードが無くなって…」
とは書きましたが、そんな日が来るんでしょうか?
もし来たとして、その時PCって存在してるんでしょうかね?

XP非対応ハードが最も速く来るのは周辺機器周りでしょう。
これは早ければ2014年には来るとおもいます。

CPU、グラボは当分使えるでしょうが、問題なのがマザー。
早ければ2017,8年ぐらいで市場から消えるかもしれません。
遅ければ私が死ぬまで消えない可能性もありますが、
これじゃもう無理だ、という日は、速くても2018年と見ます。
Windows史上最高のカーネルだったWinNT5xが消えるのは悲しいですね。
posted by Nick at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | OS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69143244

この記事へのトラックバック