2014年04月29日

mono作り

これよ、これ。使ってみたかったの。
XPでは.NETなんて(ごにょごにょ)的な扱いをしてましたが、Linuxとなれば話は別。

まずはHelloWorldってことでこんな感じで。
sample.png
うん、できた。できたんだけどね。・・・うーん。


ちょっと趣向を変えてこんなのを作ってみました。
main.png
5分で作ったメモ帳のようなもの。
OPボタンはOpenFIleDialog呼び出し。Loadボタンで上のテキストボックスを
フルパスとして中身を全部読み込んで、リッチテキストに表示する。


んんー・・・

何に悩んでるかというと、単純な話、monoにGUI(デザイナ)が無いんですよ。
位置やサイズを直値で指定したんで、グリッド等で調整されることもなく汚い。
それに、プロパティとかイベントとか探すのが面倒くさい。

Linux使ってても思ってたことなんですが、LinuxってGUIが弱いというより、
GUIはどうでもいいって考えなんですかね?

まあ確かに私もWindows使ってる時はほとんどキーボードで操作するので、
メニューとショートカットキーと結果が出るウィンドウさえあればいいって
考えなんですが、Develop系ソフトでデザイナが無いとは徹底してますねぇ。

※ monoのGUIデザインは基本的にGTK#とやらでやるらしいんですが、
 死ぬほど使い辛かったんで私は当分パス。


後はやっぱ環境の違いでしょうね。それを実感したのがOpenFileDialogのデザイン。
openfiledialog.png

まんまWindowsじゃないですかー!ここLinuxMintですよやだー!

といっても別にパクったわけでも参考にしたわけでもなく、これが一番良かったんでしょうね。

C#はご存知のとおりMSが作ったものですから、それのベースとなる.NETも当然そう。
であれば、当然Windowsに合わせます。当初は別OSで.NETなんて考えもしなかったでしょう。

Windowsでファイラーと言えばExplorer一択ですから、Windowsからしたらこれでいいんですが、
LinuxだとKDEだのGNOMEだのいろいろありますから、OSに依存するわけにもいかない。
となると自前で作るしか無いわけで、ならみんな慣れてる形にしとこうぜ、みたいな。


Linuxって「これだ!これ以外にはありえない!」ってのはほとんどないけど、
「これなら…まあ…」は山ほどありますねぇ。妥協と自作の産物なんだなぁ。

とりあえずmonoに限らずQtとかもやってみようかなと思ってます。
gcc?あれは一番最後。
posted by Nick at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | mono
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/94695128

この記事へのトラックバック