2014年05月20日

Linuxでゲーム

ああ、まあ、うん、無理なんでしょうね。 
結構色んな所で「それは諦めろ」的なことが書いてたので。 
 
とはいえ私はゲーマーですし、(爆音ゲームPCにする程ではないですが) 
そう言われてもなーってことでWinゲームを動かすために色々やってみたんですよ。 
 
wine 
 グラボの性能が50%ほどダウン。2Dは80%ダウン。これはひどい。
 加えて動かないのはよくある話。
 
VirtualBox 
 wine様助けて〜と言いたくなるレベルで遅い。
 そして想定外だったのが、動かないのが結構ある。
 ホストXPゲストXPで完全動作確認済みなのに、
 ホストLinuxゲストXPだと動かない。
 現象的にVBoxのグラボのせいっぽいんですが、これ直るんだろうか…?
 
VMWare 
 VirtualBoxとwineのいいとこ取り…かな。
 グラボ性能はwine並、動作するのはVirtualBox並。
 でもこれ使うの怖い。だってlinux使ってて初めてフリーズしたんですよ?
 
XPをサブマシンで動かしてRDC 
 RDCはゲームでやるもんじゃないってのを心底痛感しましたので論外で。
 
XPをサブマシンで動かしてデスクトップチェンジャー 
 うわ懐かしい単語。10年前ぐらいだと結構流行ってました。
 ケーブル関連はどうとでもなるのでまあ大体問題無いんですが、
 メインPCが宝の持ち腐れになってますねぇ…
 
結論は「wine/vbox/vmwで動かなければ素直にwindowsを使え」です。 
うーん、やはり先人は偉大ですなぁ。 
 
とはいえ収穫もありました。 
 
PCSX2です。これは凄いですよ。ほぼ完璧な動作と日本語。 
フルスクリーンにするともはや実機と変わらない。 
昔触った時は全然ダメで、まだまだ時間かかるんだろうなーと思ったんですが、 
ここまで来ているとは思いませんでした。しかもLinuxで実感するとは。 
※ ただし、スピードハックが出来ません。本当に実機と変わりませんね。 
posted by Nick at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/97189735

この記事へのトラックバック